ニキビ跡の赤みを消す方法や治す方法はあるの?

ニキビ跡赤み消す方法や治す方法にはどんなものがあるのでしょう?

 

気になるニキビ跡の赤みを消すのに効果的な薬や化粧水や美容液などを紹介していきます。

 

ニキビ跡の赤みを消すには専用の美容液やクリームが良いのか?口コミでも見かけるオロナインなど市販のもので大丈夫なのか?ニキビ跡の赤みがどうしても消えない場合は皮膚科で治療するしかないのか?について見ていきましょう!

ニキビ跡の赤みを消す

ニキビはとても気になるもので、少しでも早く治したいと思いますよね。しかし、せっかくニキビが治っても、ニキビ跡が赤く残ってしまうことがあります。

 

赤みのあるニキビ跡は、ニキビが炎症を起こして赤みが出たため、

 

ニキビが治っても、赤みだけ残ってしまうというものです!

 

せっかくニキビが治っても、赤みが残ってしまっていると、見るだけでも気が重くなってしまうのでキレイに赤みを消す方法はないのかな?と思ってしまいますよね。

 

しかもこのニキビ跡の赤み、きちんと対処しなければ何年も残ることになってしまうことも!

 

では、ニキビ跡の赤みを消す方法や、赤みが残らないようにするためにはどのように対処するのが、おすすめの方法になるのでしょうか?

ニキビ跡の赤みケアにおすすめの美容液やクリームとは?

まずニキビ跡の赤みを消すには、どんな美容液やクリームが効果的なのか知りたいという人に、ニキビ跡の赤みを消すおすすめの美容液やクリームをランキングで紹介していきます。

 

ニキビ跡の赤みを消す方法を知りたい!消すために何を使ってケアしようか迷っている!という人は参考にしてみてくださいね。

ベルブラン

肌への浸透力が高いナノ化成分「甘草エキス」配合し、ニキビ跡をキレイに仕上げる美容成分もしっかり配合されているのが特徴です。

 

キビが治った後のお肌用集中ケア美容液「ベルブラン」の詳細はこちら

▼   ▼   ▼

(安心して試せる60日間の返金保証が付いています)

 

 

 

パルクレール美容液

ニキビ跡が消えるカラーコントロールがついた多くのメディアで取り上げられているニキビ跡専用の美容液です。

 

日本人の肌に合わせてつくられた「パルクレール美容液」の詳細はこちら

▼   ▼   ▼

(なんと、無期限の永久返金保証書付きです)

 

 

 

エクラシャルム

ニキビ跡の色素沈着も防ぐ作用がある「水溶性プラセンタエキス」を配合。

 

ニキビ跡の色素沈着も防ぐ作用のある「エクラシャルム」の詳細はこちら

▼   ▼   ▼

 

ニキビ跡の赤みの原因と消す方法!

ニキビ跡の赤みの原因は?

ニキビ跡の赤みの原因は、ニキビの炎症により周辺の血液の流れが滞り、たまってしまっているのが原因で起こります。

 

そしてニキビ跡の赤みが直ぐに治る人となかなか治らない人がいますよね。

 

ニキビ跡の赤みが治らないのは、お肌のターンオーバーが正常に行われていない場合が少なくないのです。

 

では、そんなニキビ跡の赤みを消すにはどうしたらいいのでしょうか?

ニキビ跡の赤みを消すターンオーバーを正常に戻す!

ニキビ跡の赤みを消すにはつまり、お肌のターンオーバーを正常に戻すことが必要になってくるのです。

 

まずは普段の生活習慣を見直すことが必要です。

 

ターンオーバーに重要なのは、

  • 睡眠で得られる成長ホルモン
  • 食事でとられるビタミンC
  • 運動する

という方法です。

 

これらをバランスよく行うことで自然とターンオーバーは行われていきます。

ニキビ跡の赤みを消すスキンケア商品を使う!

しかし、赤みを消すのはなかなか難しいし、すぐに消すことができずに不安がいっぱいになってしまうというのが現状ですよね。

 

そういう時に有効な対策方法が、ニキビ跡の赤みを消す市販の美容液などのスキンケア商品です。

 

特に、ニキビ跡専用につくられた化粧水や美容液などのスキンケア商品というのが販売されているので、そちらを活用した消す方法をおすすめします。

ニキビ跡の赤みを治す方法とは?

ニキビ跡の赤みを治す

ニキビ跡の赤みを少しでも早く治すには、やはり専門医を受診することという方法もあります。

 

ニキビ跡の赤みを消すならやはり受診してほしいのは「皮膚科」もしくは「美容外科」となりますよね。

 

専門医で受けるニキビ跡の赤みを治す治療は、薬の処方やレーザー治療、ヒアルロン酸注入などの方法があります。

 

もちろん治療を受けるためには費用や時間がかかります。

 

軽度であれば、自宅でも市販の化粧水や美容液などのスキンケア商品を使ったり、生活習慣を見直すことで消すことができるので、まずはそちらの方法を試してみてください。

 

ニキビ跡の赤みを消す化粧水や美容液は、先ほど紹介した

  • ベルブラン
  • パルクレール美容液
  • エクラシャルム

がおすすめです!

 

どれも効果が口コミでも人気があるものばかりなので、安心して使うことができます!

 

また生活習慣を見直してニキビ跡の赤みを治すために気を付けたいのは、肌のターンオーバーを促すことです。

 

そのためには

  • 睡眠時間を確保する
  • バランスのよい栄養が摂れる食事をする
  • ストレスを発散する

ということを心がけてみてください。

ニキビ跡の赤みを薬で治す

ニキビ跡の赤み薬

 

ニキビ跡の赤みを治す方法の一つとして、薬を利用するという方法があります。

 

もちろん皮膚科などを受診することで処方される薬もありますし、直接使用する塗り薬もあります。

 

塗り薬に含まれるのは抗生物質。

 

特にニキビ跡の赤みの初期段階に効果が期待できます。

 

さらに、ニキビ跡の赤みを治す治療薬には、塗り薬だけではなく、飲み薬というものもあります。

 

飲み薬には、やはりお肌のターンオーバーを正常に戻してくれるビタミンなどが多く含まれています。

 

もちろん薬である程度治療出来た後も油断することはできません。

 

薬の使用後も、ニキビを新たに作らないようにスキンケアを怠らないことが大切なのです。

ニキビ跡の赤みに効果のある化粧水や美容液

ニキビ跡の赤みを消すのに有効な対処方法に、美容液や化粧水を使用する方法があります。

 

実は、市販されている美容液や化粧水にニキビ跡の赤みを抑えてくれる効果が期待できるものがあるのです。

 

ニキビ跡の赤みを抑える化粧水には、様々な効果が期待でき、使用し続けることで赤みを抑えるものだけでなく、ニキビを治すのにも効果があり、さらにお肌の乾燥にも効果があるようなものまであります。

 

普段のスキンケアで気になるニキビ跡の赤みを消すことができるなら嬉しいですよね。

 

ぜひ、

  • ニキビ跡の赤みが気になっている人
  • ニキビ跡だけでなくまだ治らないニキビがあるという人

も専用の美容液や化粧水を使用してみてください。

 

ニキビ跡の赤みを消す、治すという効果だけではなく、これ以上のニキビができるのを抑える効果なども合わせて期待できるので、ぜひ美容液や化粧水を利用してみてください。

 

 

キビが治った後のお肌用集中ケア美容液「ベルブラン」の公式サイトはこちら

▼   ▼   ▼

 

 

 

日本人の肌に合わせてつくられた「パルクレール美容液」の公式サイトはこちら

▼   ▼   ▼

 

 

 

ニキビ跡の色素沈着も防ぐ作用のある「エクラシャルム)の公式サイトはこちら

▼   ▼   ▼

 

 

ニキビ跡の赤みにやってはいけないこと

ニキビがせっかく治ったのに、赤みが残ってしまい悩んでいるという人、多いですよね。

 

しかも、目立つところにできてしまうとついつい触ってしまうのも仕方のないことです。

 

でも、ニキビ跡の赤みを悪化させたくないのなら、絶対にやってはいけないことがいくつかあります。

ニキビ跡の赤みの部分に刺激を与えない!

一番だめなのが、ニキビ跡の赤み部分に刺激を与えることです。

 

場所によっては服の刺激をどうしても受けてしまう場所であったり、気になる場所で自分でいじってしまうというところもあると思います。

 

そんな場所でも極力刺激を与えないようにしたり、触らないようにしましょう!

 

ニキビ跡の赤みを消すために、いろいろな方法でケアしていても意味がなくなってしまいます!

 

特に自分でニキビ跡をつぶしてしまったりすると、最終的には凹凸のあるクレーターのような跡が残ってしまうことになります。

 

そうなると、もう自宅では治すことができなくなり、きちんと治すためには皮膚科や美容外科などで本格的な治療を受ける方法しかなくなります。

 

もしもニキビ跡の赤みができてしまったら、

  • なるべく刺激を与えない
  • 毎日しっかりとケアをする
  • 保湿をしてあげる

という対策方法が大切です。

 

ニキビ跡の赤みはすぐ治る?すぐ治らない?

ニキビ跡の赤みは一度できてしまうととても気になってしまうので、すぐ治るのか気になるところですよね!

 

露出する季節にできてしまう背中などのニキビ跡や、顔にできたニキビ跡はとても目立つので少しでも早く治したいと思うのは当然のことです。

 

しかし、ニキビ跡の赤みはすぐには治らないということをまず忘れてはいけません。

 

ニキビ跡をしっかりと根本的なところから治すために必要なのは肌のターンオーバーです。

 

お肌が内側からしっかりと入れ替わることで、きれいにニキビ跡の赤みはひいていくことでしょう。

 

早く治したいため、焦ってニキビ跡の赤みを直接触ってしまったりすると、かえって悪化してしまい余計に時間がかかってしまいます。

 

最悪の場合にはでこぼこのクレーターのようになってしまい、自分で治すことが困難になってしまいます。

 

もちろんただのニキビ跡の赤みよりも治すのに時間がかかりますし、専門医に治療を受けることになるので手間やお金もかかることになってしまいます。

 

ニキビ跡の赤みを少しでも早く治すのであれば、毎日きちんと規則正しい生活をしてバランスの良い食事をとり、専用の化粧水や美容液などでケアすることが一番の近道です。

 

それでも数か月はかかるということを忘れないでくださいね。

さいごに

ニキビ跡の赤みというものはとても気になるものですし、実は意外と気づかずにそのままにしてしまうという人が少なくないのです。

 

でも、あまり赤みが目立たないからと言ってそのまま放置しておいていいものではありません。

 

ニキビ跡の赤みはそのまま放置してしまうと、何年も治らずにそのままになってしまうということが少なくないのです。

 

ニキビ跡の赤みはその状態によって自分で家庭で治すことができるもの、専門医を受ける必要があるものと症状も様々です。

 

でもできれば自宅で消す治療ができればと思いますよね!

 

そんな時にぜひ使ってほしいのが、ニキビ跡専用の化粧水や美容液です。

 

使い続けることによって赤みを軽減したり、赤みを消すだけではなく今後のニキビもできにくくする効果が期待できるのです。

 

ニキビはその人によってできやすい人、できにくい人がいますよね。

 

できやすい人は治ってもまた次にできてしまう、先のニキビが治りきっていないのにまたできてしまうという人、少なくないと思います。

 

そんな人にはぜひニキビ跡の赤みを消す効果があり、さらにニキビにも効果のある化粧水や美容液を使う方法をおすすめします。